2016年07月01日

macOS評判:OS Xから改名、新macOS Sierraが発表され!次期macOS新機能などに関する最新情報まとめ

macOS評判:OS X 10.12ではなく、AppleはmacOS Sierraを発表!

前代のMac OS X 10.11、El CapitanはOS X Yosemiteと比べいろいろ改善されたが、Mac OS X El Capitan不具合が出るのも事実である。たとえば、Safariの不安定、Mac本体の発熱問題、USBデバイス検出失敗...だから、みんな次期OS X 10.12に対しての期待値が高いである。しかし、今回のWWDC 2016で噂のOS X 10.12は登場しなくて、その代わりにとしてmacOSという新しいOSが発表され、macOS正式名称はmacOS Sierraとなる。macOS Sierraにアップグレードしたい方にとって一刻も早くmacOS Sierra についての情報を知りたいでしょう。では、次は今回WWDC 2016で公開されたmacOS最新情報(macOS新機能、macOSの違い、macOS発売日など含め)をまとめてみる。OmacOS Sierraにアップグレードしたいならぜひチェックしてみてください。

【記事全文はこちらへ】

macOS評判~最新macOSの名前はmacOS Sierraとなる

macOS評判

Mac2014年10月16日にリリースされたバージョンは米国カリフォルニア州にあるヨセミテ(渓谷)のことによって「OS X Yosemite(ヨセミテ)」という名前をつけた。そして2015年10月1日にリリースされた「Mac OS X 10.11)」の名前は「OS X El Capitan(エル・キャピタン)」で、El Capitan(エル・キャピタン)とは、ヨセミテ国立公園の中にあるでっかい花崗岩の一枚岩のことである。だから、中国のM.I.C Gadgetによると、続くOS X 10.12の名前はまたカリフォルニア州の地名で、「OS X Eagle Peak」となる可能性が高い。

しかし、公開されたアップル最新OSは一貫のOS Xを変えて、「OS X」から「macOS」へ改名された。macOSの正式名称もOS X Eagle Peakではなく、macOS Sierraとなってきた。Mac用OSにはOS X 10.9以降からアメリカカリフォルニア州の地名を使ったコードネームが付けられているが、このスタイルは変わらずmacOS Sierraは依然としてカリフォルニア州北東部にある「シエラ群」の名を採用した。

macOS評判~macOS発売日は?いつmacOS Sierraにアップグレードできる?

OS X Yosemite(ヨセミテ)は2014WWDC(アップルの開発者イベント)にてリリースされ、OS X 10.11、OS X El Capitan(エル・キャピタン)は2015年WWDC でリリースされたのだから、次期OS X 10.12は間違いなく2016年WWDCで初公開される。そして2016年の6月13日から17日まで開催されるWWDCでmacOS Sierra新機能正式にリリースされた。しかし、6月のmacOS Sierraはアップルの開発者向けのテスト版だから、macOS Sierra正式版は今年の秋にリリースされる。

関連記事:Galaxy S7とXperia X PerformanceとiPhone 7比較:2016最強スマホはどれ?

macOS評判: Mac OS X El Capitanと比べ、macOSの違いは?

macOS新機能その一:「Siri」がmacOS Sierraで使える

macOS新機能その一:今まで公開されたmacOS Sierra最新情報によると、iPhone、iPad、Apple Watchそして新型Apple TVで使える音声アシスタント機能「Siri」はmacOS Sierraでも利用可能になるそうである。「Siri」を利用することで、音声による操作や検索などを行うことができる。アップル社は2012年からずっとSiri機能のかかっているOS Xをテストしているが、いよいよ2016年のWWDC 2016にて正式発表された。

macOSでSiriの起動方法:iPhoneやiPadのホームボタンを長押しで利用することができるが、9To5Macによると、マック版のSiriは右上のメニューバーにSpotlightのように専用のアイコンが用意され、そのアイコンをクリックすることでSiriのウィンドウが起動し呼び出すことができる。MacでSiriをクリックと、画面の右上には半透明な黒色のSiriインターフェースが表示され、音声輸入ためのカラーな音波が現れる。Mac一つの特徴として、ユーザーはキーボードショートカットキーを利用してSiriを起動することもできる。

macOS新機能その二:Auto Unlock(オートアンロック)
新しいmacOSには、Chrome OSに搭載されたGoogleのSmart Lockに似た機能も追加された。登録したiPhoneやApple Watchが近くにある場合、パスワードなしでもMacを自動的にアンロックすることができる。この機能は忘れ屋にとってなかなか使える。

macOS新機能その三:universal clipboard(ユニバーサルクリップボード)
universal clipboard機能を使ってmacOSとiOS間でのクリップボードの共有を可能にする。iPhoneやiPadでテキストや動画、画像などをコピーして、それをmacOSデバイスに貼り付けられるようになる。ユニバーサルコピー&ペーストボタンはmacOSの画面一番上のバーに表示されている。

macOS新機能その四:Apple Pay支払い対応
macOS Sierraで、Apple PayがWebからも使えるようになる。ネットで買い物をしているとき、Apple Pay対応店舗であれば「Apple Payで支払う」ボタンが表示され、ここでもContinuityが活用され、iPhoneのTouchIDや、Apple Watchでの認証ができる。

macOS新機能その五:Optimized Storage
「Optimized Storage」という機能は、古いファイルを自動でiCloudに移動してくれるほか、Safariのキャッシュや古いメール、Mac App Storeから落としたのに使っていないアプリなど、不必要なデータも自動で削除してくれる。

macOS新機能その六:ピクチャ・イン・ピクチャ
動画のピクチャ・イン・ピクチャ表示もできるようになることはmacOS Sierraもう一つの特徴である。この前iPadで可能になっているピクチャ・イン・ピクチャ機能は、動画をスクリーンの端で再生させながら仕事の文書を作る、みたいなことが可能させる。

macOS新機能その七:すべてのアプリのタブ化に対応
もう一つmacOSの違いあはアプリがタブ化することが可能になった。Finderだけではなく、地図アプリやサードパーティアプリなどもタブ化することが可能になる。つまり、アプリごとだけではなく、タブにいろいろと別のアプリをまとめられると便利になる。

macOS Sierraにアップグレード条件を見る>>

  


Posted by mosquitopax at 15:17Comments(0)macApple

2016年06月16日

macOS Sierra用DVDコピーソフトオススメ|超簡単macOS Sierra DVDリッピング方法

macOS Sierraにアップグレード、macOS SierraでDVDをコピーしたい!

WWDC 2016でAppleは最新のmacOS、iOS 10を発表した。iOS 10は依然としてiOSXのように命名されたが、今までのない「macOS」は「OS X」の代わりに出生した。「OS X」から「macOS」へ改名されたといっても、Mac用OSにはOS X 10.9以降からアメリカカリフォルニア州の地名を使ったコードネームが付けられているが、このスタイルは変わらずmacOS Sierraは依然としてカリフォルニア州北東部にある「シエラ群」の名を採用した。新しいmacOS Sierraで、Siriが利用できるほか、Auto Unlockやuniversal clipboard、Apple Pay支払い、Optimized Storageやピクチャ・イン・ピクチャなど多くの新機能が追加された。

記事全文はこちら

一方、もともとMac OSのサポートしているアプリはWindowsよりずっと少なく、今回のmacOS Sierraは発表されたばかりなもので、macOS Sierraにアップグレードした後、macOSの不具合によって、一部のソフトは使えなくなる。たとえmacOS SierraでDVDをコピーしたい場合、またほかのmacOS Sierra用DVDコピーソフトを探す必要がある。だって購入したDVDまたレンタルしたDVDをDVDプレーヤーで再生するのが便利といっても、毎回DVDディスクを取り出して再生することも面倒くさいし、DVDの損傷も心配している。macOS Sierraの別のフォルダへDVD内のファイルをコピーしてmacOS DVD 再生できるなら、DVDファイルの取り扱いはもっと簡単になり、DVD動画の再生も便利。でははたしてDVD コピー macOS Sierraでうまくできるのか?

大至急!macOS Sierra用DVDコピーソフトを教えて!

お使いのDVDコピーソフトはマックOSにそんなに対応していない上に、強いコピーガードもかかっているから、macOS Sierra DVDリッピング/コピーしたい場合はどうすればいいか悩んでいるでしょう?次はこの難問を解決するために、macOS Sierra用DVDコピーソフトーーWinX DVD Ripper for Macを使ってmacOS SierraでDVDをコピーする方法を紹介する。

専門的なmacOS Sierra DVDリッピング・コピーソフトとし、WinX DVD Ripper for Macは今知っている限りのDVDコピーガード、商業DVD CSS暗号化、DVDリージョンコード(RCE)、ユーザー操作禁止(UOP)、Sony ARccOS、Disney X-project DRMを外すことができ、DVDをAVI, MP4, MKV, H.264, MPEG, WMV, FLVなどのあらゆるメインストリーム映像フォーマットへ変換することをサポートしている。DVDを動画へリッピングだけでなく、DVDの音声だけ抽出することも簡単に実現できる。更に簡潔なインタフェースを備えて、オプションはひと目見ただけでよく分かるから、初心者も順調にmacOS SierraでDVDをダビングできる。しかもWinX DVD Ripper for Macはアップデートし続けているから、最新macOS Sierraでも順調に動作できる。

MacでDVDをダビングしたいのか?

オススメの最強のmacOS Sierra用DVDコピーソフト:
無劣化・高速にmacOS SierraでDVDをコピーできる。

macOS DVD 再生

macOS SierraでDVDをダビング

macOS Sierra用DVDコピーソフトでDVDをコピーする手順

 

ステップ1.

DVDをMacに挿入した後、WinX DVD Ripper for Macを起動し、左上方にある「DVD」ボタンをクリックすると、ディスク内容をソフトにロードする。因みに、このソフトがDVDディスク、ISOイメージ及びDVDフォルダという三つの入力形式をサポート!

ステップ2.

出力プロファイルを下にスクロールして、自動的に出力動画形式を選択する画面へ進行し、自分のニーズによって出力したい動画形式を選択した後、「完了」ボタンを押してください。

DVD コピー macOS Sierra

ステップ3.

「ブラウザ」ボタンをクリックし、コピーされた動画ファイルの保存先を選択してください。

ステップ4.

「RUN」ボタンを押すと、macOS SierraでDVDをコピーすることがスタート!数分だけでmacOS DVD 再生することができる。上記のようにすれば、macOS SierraでDVDをコピーできる。また、このmacOS Sierra用DVDコピーソフトWinX DVD Ripper for MacはmacOS SierraでDVDをダビングできるだけではなくて、最新デバイス全部対応しているから、WinX DVD Ripper for Macを使って高品質でDVDをiPhone SE/6S/Plus,iPad/Pro/mini 4/Air 2, iPod/5, Android, Apple-TV/4などの最新デバイスに取り込むことができ、いつでもどこでも好きな動画を再生でき、つまらない待ち時間を楽にする。

macOS Sierra用DVDコピーソフト 

macOS Sierra DVDリッピング

引用元:http://www.winxdvd.com/blog/easy-dvd-copy-software-for-macos-sierra.htm

  


Posted by mosquitopax at 12:14Comments(0)macApple

2016年03月28日

OS X 10.12評判:新OS X 10.12の違いは?次期OS X 10.12新機能などに関する最新情報まとめ

元記事↓↓↓

http://www.winxdvd.com/blog/easy-mac-os-x-10-12-upgrade.htm

OS X 10.12評判:Apple次期OS X 10.12はどうなるか?

前代のMac OS X 10.11、El CapitanはOS X Yosemiteと比べいろいろ改善されたが、Mac OS X El Capitan不具合が出るのも事実である。たとえば、Safariの不安定、Mac本体の発熱問題、USBデバイス検出失敗...だから、みんな次期OS X 10.12に対しての期待値が高いである。OS X Eagle Peakはまだ発表されていないが、OS X 10.12にアップグレードしたい方にとって一刻も早くOS X Eagle Peak についての情報を知りたい。しかし、OS X 10.12について今ネットでは数えきれないほどの噂が漂っているから、どれを信じるべきかずいぶん迷っている。では、次は一番信用性の高いOS X 10.12最新情報(OS X 10.12新機能、OS X 10.12の違い、OS X 10.12発売日など含め)をまとめてみる。OS X 10.12にアップグレードしたいならぜひチェックしてみてください。


OS X 10.12評判~最新Mac OS Xの名前はOS X Eagle Peakか?

OS X 10.12評判

Mac2014年10月16日にリリースされたバージョンは米国カリフォルニア州にあるヨセミテ(渓谷)のことによって「OS X Yosemite(ヨセミテ)」という名前をつけた。そして2015年10月1日にリリースされた「Mac OS X 10.11)」の名前は「OS X El Capitan(エル・キャピタン)」で、El Capitan(エル・キャピタン)とは、ヨセミテ国立公園の中にあるでっかい花崗岩の一枚岩のことである。だから、中国のM.I.C Gadgetによると、続くOS X 10.12の名前はまたカリフォルニア州の地名で、「OS X Eagle Peak」となる可能性が高い。

米国でEagle Peakと名付けた山は多いが、最近のマックOS Xはヨセミテ国立公園に関する名称が続いているから、OS X Eagle Peak の「 Eagle Peak」はおそらく「El Capitan」の深成岩から形成された「Three Brothers(スリーブラザーズ)」と呼ばれる3つの山のうち、最も高い山の名前である。

OS X 10.12評判~OS X 10.12発売日は?いつOS X 10.12にアップグレードできる?

OS X Yosemite(ヨセミテ)は2014WWDC(アップルの開発者イベント)にてリリースされ、OS X 10.11、OS X El Capitan(エル・キャピタン)は2015年WWDC でリリースされたのだから、次期OS X 10.12は間違いなく2016年WWDCで初公開される。つまり、遅くても2016年の6月13日から17日まで開催されるWWDCでOS X 10.12新機能正式にリリースされる。しかし、6月のOS X 10.12はアップルの開発者向けのテスト版だから、正式版は今年の秋にリリースされるかもしれない。

関連記事:Galaxy S7とXperia X PerformanceとiPhone 7比較:2016最強スマホはどれ?

OS X 10.12評判:OS X 10.12新機能

一:「Siri」がOS X 10.12で使える

OS X 10.12にアップグレード

今までのOS X 10.12最新情報によると、iPhone、iPad、Apple Watchそして新型Apple TVで使える音声アシスタント機能「Siri」はMacでも利用可能になるそうである。「Siri」を利用することで、音声による操作や検索などを行うことができる。アップル社は2012年からずっとSiri機能のかかっているOS Xをテストしているから、2016年のWWDC 2016にて正式発表されるそうである。

OS X 10.12のSiriの起動方法:iPhoneやiPadのホームボタンを長押しで利用することができるが、9To5Macによると、マック版のSiriは右上のメニューバーにSpotlightのように専用のアイコンが用意され、そのアイコンをクリックすることでSiriのウィンドウが起動し呼び出すことができる。MacでSiriをクリックと、画面の右上には半透明な黒色のSiriインターフェースが表示され、音声輸入ためのカラーな音波が現れる。Mac一つの特徴として、ユーザーはキーボードショートカットキーを利用してSiriを起動することもできる。

PS:OS X 10.12のSiriは2016年秋の正式リリースに向けて準備中、新機能としてMacのSiriはまだ改善されているから、OS X 10.12正式発表まで随時変更される可能性が高い。

ヒント:iPhone SE最新情報~新型4インチiPhone SEスペック・デザイン・発売日・値段などリーク情報まとめ

「iPhoto」同等の機能が利用可能

OS X 10.12について詳細な機能などは不明であるが、Macお宝鑑定団は2月25日、アップルがOS X 10.12で写真アプリの機能を、iPhoto 9.6.1 for Macレベルまで機能向上させるように開発を行っていると伝えている。Mac版の写真アプリでは、上級者・プロ向けとして開発されたApertureほどの機能は追加されないものの、iPhotoレベルの機能は期待して良いようである。また、以前のiPhoto 2.0.1にはEXIF情報を編集する「情報編集」、写真の一部分を指でなぞって明るさやパラメータを調整する「ブラシ補正」、お気に入りとは別個の機能の「フラグ機能」が実装されているそうである。Mac版のSiriが実装されるほど注目されていないが、OS X Eagle Peak写真アプリの機能向上も大きな売り点の一つになるでしょう。

「iPhoto」豆知識:iPhoto(アイフォト)は、アップルが2002年開発・販売する写真管理ソフトウェアである。主にデジタルカメラで撮影したデジタル写真を管理、閲覧したり、インターネット上に公開したり、壁紙にしたり、補正、ネット経由でフォトアルバムの作成を頼んだりすることが出来る。残念なことに、「iPhoto」2015年開発終了した。その後継者として、「Photos」は2015年春にリリースされたのである。

ヒント:2016人気カメラアプリおすすめ~iPhone、Androidともに対応!

OS X 10.12新機能

OS X 10.12新機能その三:ほか

上記の「Siri」と写真アプリの機能向上以外、OS X 10.12はOS X El Capitanと比べいろいろ進化する。たとえば、Spotlightの検索機能強化、日本語入力、Mission Controlの改善、全体のパフォーマンス改善などである。OS X 10.12 のUIデザインも細かく調整される可能性があるが、インターフェイスはそんなに大きく変更できないと思う。

今のところOS X 10.12新機能そしてOS X El Capitanと比べOS X 10.12の違いは「Siri」と写真アプリの機能向上のほか何も公開されていないが、

ヒント:iOS 9.1脱獄可能!?PanGu脱獄アプリiOS 9.1脱獄できないの対処法

続きを読む>>

  


Posted by mosquitopax at 11:39Comments(0)macApple

2015年08月25日

【超簡単】MacでMKVをMOVに変換する方法~MKV動画をiPhoneに取り込むこともできる!

▼元記事を読む▼

http://www.winxdvd.com/blog/easy-convert-mkv-to-mov-for-mac.htm

MacでMKVをMOVに変換するのが必要!

 MacでMKV動画を再生方法が分からなくて、MKVファイルを再生する際、音声だけが出なくて困っている

MKVの再生について、あらかたの再生ソフトを使ってみたが、どれも上手くいかない、動画が途切れとか音声と全く合わない、何か良い方法があるのか

MacでMKV動画を再生する際上記の問題にあったことが少なくない。せっかく暇をとって、好きなMKV動画を鑑賞するつもりが失敗した、なんて残念なことでしょう。では、MKVとは何?なぜMacで順調に再生できないのか?まずMKVを了解しましょう。MKVはMatroskaVideoファイルの拡張子で、インターネット上の高解像度動画のファイル拡張子としてよく使われる、柔軟なオープンスタンダードのビデオファイル形式である。他のコンテナに比べて、多チャンネル動画・音声、字幕などに強い。特に字幕の機能は非常に充実しており、カラオケのように音声や映像にあわせて字幕の色を変える等の機能が付いている。そして、このフォーマットが現在開発中の形式でありオープンソースである。XMLのような入れ子構造で動画や音声などを格納する。

残念なことに、MKV普及率はあまり高くないで、MKV動画形式を再生できるプレイヤーとデバイスがまだ少ない。MacでMKV動画を再生するあるいはMKV動画をiPhoneに取り込む場合は、MKVをもっと広く使われているMOVに変換する必要がある。

ヒント:MKVについての紹介

MacでMKVをMOVに変換して、自由にMKV動画を鑑賞しよう!

MOVはアップル社によって開発されて、デジタルメディアタイプを格納することに活躍しているストリーミングビデオフォーマットである。アップル社に開発されたものだから、互換性を心配要らぬ、MacOSを対応できるのは言うまでもなく、iPod,iPad,iPhoneなどのApple系のデバイスでも再生できる。MOVがサイズも小さくて、高精細の画質を提供し、多重音声コーディックに対応している、Mac愛用者にとって大人気な動画形式といえる。またMOVはQuickTime PlayerがあればWindowsでも使うことができる。MKVと比べ、MOVの一番優れるところはその汎用性である。だから、MacでMKVをMOVに変換できれば、MacでMKV動画を再生できるのが言うまでもなく、MKV動画をiPhoneに取り込むこともできるようになる。いつどこでもMKV動画を鑑賞することが実現できる。

MacでMKVをMOVに変換でき、Mac向けMKV MOV変換ソフト登場!

Mac向けMKV MOV変換ソフトは数多くあるが、使いやすいソフトはそんなに多くない。ここでWinX HD Video Converter for Macというソフトをお勧め!WinX HD Video Converter for Macは完全な機能を備えたMac向けHDビデオコンバータソフトとして、MacでMKVをMOVに変換することが実現できる。WinX HD Video Converter for MacはMac向けMKV MOV変換ソフトだけではなくて、320種類入力ビデオフォーマットをサポートしているから、動画の相互変換を実現でき、Macユーザーに手間のかからないのHD動画変換/編集ソリューションを提供する。また、この動画変換ソフトは動画をiPhone 6/6 Plus/5s, iPad Air 2/iPad mini 3,Apple TV,PSP/PS4に取り込むことができ、しかも最高な品質を保持している。

MacでMKVをMOVに変換する手順

事前にMac向けMKV MOV変換ソフトWinX HD Video Converter for Macをダウンロードしてインストールしてください。Windowsユーザー様はWinX HD Video Converter Deluxeをダウンロードしてください。

ステップ1、「+」ビデオ追加ボタンをクリック、MKV動画ファイルを追加する。

ステップ2、ビデオを追加した後、ソフトは自動的で出力形式の選択界面を表示できる。こういう順に:「General Profiles」「MOV動画」選択した後「完了」をクリックしてください。

MacでMKVをMOVに変換

ステップ3、保存先を選択。「ブラウザ」ボタンを通じて、ファイルを選んで変換されたビデオを保存する。

ステップ4、「RUN」ボタンをクリックして、MacでMKVをMOVに変換し始める。変換がうまくできない場合は「安全モード」を選択してください。ただし、通常モードよりちょっと時間がかかる。

MacでMKVをMOVに変換

>>WinX HD Video Converter for Macの使い方はこちらへ


記のようにすれば、MacでMKVをMOVに変換することが実現できる。WinX HD Video Converter for
Macはプロ且つ使いやすいビデオ変換ソフトウェア以外、オンラインビデオコンテンツをダウンロードするためのウェブサイトビデオダウンローダと先進的な動画共有サイトダウンロードエンジンにより、僅かの30秒で好きな動画をYouTubeからダウンロードできる。また、WinX HD Video Converter for Macは300以上もの動画共有サイトから標準ビデオ(音楽)、HD動画または4K動画を抽出して、ダウンロードできる。YouTubeを対応できるだけではなくて、ヤフー、ニコニコ、fc2、GyaO!、ツイキャス、Hulu(フールー)、ひまわりなどのサイトからダウンロード可能。何よりも重要なのは
このソフトを使って、MacでYouTube動画ダウンロードのは完全無料!

  


Posted by mosquitopax at 11:43Comments(0)動画変換mac