2017年02月28日

iOS 11ダウングレード手順を詳解|iOS 11ダウングレード失敗・不具合を回避する方法

6月5日から9日に開催するWWDC 2017(Appleが技術者・開発者を主な対象とし、最新技術の説明を行うために開催しているイベント)で、AppleがiOS11やmacOS 10.13の発表が行われると考えられている。iOS11でSiriが更に進化されるほか、「ダークモード」、VR(バーチャル リアリティ)、グループメッセージなど多くの機能が追加される。一方、最新iOS11にアップデートすることにより、iPhone/iPad「調子が悪い」「挙動に不安がある」あるいは「バッテリーの減りが早い」など、何らかの不具合を感じた時がある。こんなとき、iOS 11ダウングレードすることにより、元のバージョンに戻したい人が多い。しかし、どうすればiOS 11からiOS 10に戻すことができるのか?

本文はiOS 11ダウングレード方法がわからない、iOS 11ダウングレードできない人のために、次はその方法を詳しく解説してみる。また、iOS 11ダウングレード前の準備や注意すべきこともお届け。

元記事をチェック>> 

iOS 11ダウングレード前の注意すべきこと

iOS 11ダウングレードは極危険な行為だから、まずはダウングレード前のすべきことを確認してください。

1、iOS 10へのみダウングレードができ、それより前のバージョンへのダウングレードはできない。

2、バックアップ:iOS 11ダウングレード途中でトラブルが起きてしまったら、大切なデータが失われる可能性があるから、 iOS 11からiOS 10に戻す前に大事なデータがバックアップを行ってください。
 ・iTunesでバックアップ:iPhone/iPad/iPod touchをコンピュータに接続→iTunesを立ち上げる→左上にあるデバイスアイコンをクリック→表示される画面の「今すぐバックアップ」ボタンをクリック。
 ・iCloudでバックアップ:デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続→「設定」をタップし、下にスクロールして「iCloud」をタップ→「バックアップ」をタップして、「iCloud バックアップ」をタップ→「今すぐバックアップを作成」をタップ。
 ・MediaTransでバックアップ:iTunes、iCloudよりも高速で、ネットに接続しなくても音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送できる。

3、時間を確保:iOS 11ダウングレードには、デバイスデータの消去、バックアップから復元などをするので、ちょっと時間がかかるから、 iOS 11からiOS 10にダウングレードする時、十分な時間を確保することをおすすめする。

4、ネットワーク環境を確認:ネットワークの接続が不安定/低速の場合は、iOS 11のダウングレードがうまくいかなかったり、失敗したり、不明な故障が発生したり可能性が高いから、不安定/低速ななネットワークの利用は避けてください。

5、電量を確認:バッテリー残量が50%未満のときは iOS 11ダウングレードできないので、フル充電かつ電源を接続した状態でダウングレード作業を進めるほうが安全。

6、iOS 11のバックアップは基本的にiOS 10へ復元することはできない。

iOS 11ダウングレード必要なツール

1、最新のバージョンのiTunes:iTunesのバージョンが古いせいでiOS 11ダウングレード失敗すつ場合があるから、最新にした状態でダウングレードは問題なくできる。

2、Mac、またはWindows PC。

3、iPhone/iPad用USBケーブル 

iOS 11ダウングレード手順をチェック!(iOS 11からiOS 10へ戻る方法

ステップ1、iOS 10のファームウェアをダウンロード:バックアップを取ったら、「iOS 10ファームウエア」をダウンロード。iOSファームウェアは機種によってダウンロードファイルが異なるから、iPhone、iPad、iPod touchの使用するデバイスモデルを確認してファームウェアファイルを選んでダウンロードしてください。

ステップ2、「iPhone/iPadを探す」をオフにする:「設定」 > 「iCloud」 > 「iPhone/iPadを探す」の順番で「iPhone/iPadを探す」をオフにしてください。

ステップ3、デバイスをパソコンに接続:USBケーブルでiPhone/iPadをコンピュータに接続した後、コンピュータ上のiTunesを起動してください。

ステップ4、iOSデバイスをDFUモードに:USBケーブルでiPhone/iPadをコンピュータに接続した後、一度デバイスの電源をオフにする。電源がついていない状態で、3秒ほど電源ボタンを押したままの状態にし、その後電源ボタンは押したままで、ホームボタンを同時に10秒間押したままにする。 その後、電源ボタンだけを離しホームボタンだけを押したままにしてください。うまくいくとiTunesのポップアップメッセージで、「iTunesはリカバリーモードのデバイスを見つけました。」という内容が表示される。「OK」をクリックすると、iPhone/iPadの画面が黒いままになる。

ステップ5、iTunesでiOSデバイスを選択:iTunesを起動して画面左上にあるiOSデバイスアイコンをクリックし、「設定」>「概要」の順番でクリックしてください。そしてWindowsであればShiftキーを押しながら「iPhoneを復元」ボタンをクリック、MacであればAlt/Optionを押しながら「iPhoneを復元」ボタンをクリック。

mt-www-0224-02.jpg 

ステップ6、「iOS 10ファームウエア」を選択:ファームウェア選択画面が表示されたら、先ほどダウンロードした「iOS 10ファームウエア」を選択したあと、[開く]をクリック。

ステップ7、復元をクリック:「iPhone の内容は消去され、iOS 10ソフトウェアで復元されます。復元は Appleにより検証されます。」画面が表示されたら、[復元]をクリックすると、ダウングレード作業が開始される。

ステップ8、iOS 11ダウングレードが完了:ダウングレード処理が終了すると、iTunesでデバイスの「概要」を開いてiOSバージョンを確認できる。iOS 11からiOS 10に戻すことが成功していることがわかる。 

iOS 11ダウングレードした後のデータ復元方法を見る>> 

  


Posted by mosquitopax at 11:38Comments(0)Apple

2017年02月11日

【Xperia 2017】次期Xperia最新情報:2017 Xperia新型モデルの機種一覧

2016年、Xperia フラグシップは数年間発売してきたZシリーズからXシリーズへ生まれ変わって、Xperia X Performance(2016年6月発表)とXperia XZ(2016年10月発表)という最上位モデル2機種を発表した。さてさて2017年、このXperia Xシリーズ第3世代モデルとなるXperia最新機種はどんなモデルが登場する!?前日、ソニーが MWC 2017でマスコミ向けのプレスカンファレンスの招待状を公開した。プレスイベントで発表されるXperia 2017というのはどんな機種が発表されるかはまだ不明だが、ネットでは様々な憶測が飛び交っていてSony Mobileが開発中の次期Xperia新型機種Sony G3221とSony G3112がは発表されることが有力視されている。それにXperia最新機種のスマートフォンの以外、次期Xperia新型タブレットも2017春夏新作モデルとして登場するとのこと。これからはXperia 2017年最新機種をまとめてみて、未発表のエクスぺリア2017春夏スマホ・Xperia新型タブレットに関するリーク情報・最新情報も紹介する。

元記事はこちらへ>> 

次期Xperia 2017最新スマホ:Xperia XV・Xperia XS・XperiaXA後継機

2017年春夏発売のXperia新型モデルはXperia XVとXperia XSなのか?ちょっと前にソニーモバイル未発表の型番がSONY G3221とSONY G3112というXperia最新機種が暴露した。2機種はMediaTekのハイエンド向け新SoC、Xperia XAに搭載されているHelio P10より性能が20%向上ている「Helio P20」を搭載することが明らかになる。それに型番SONY G3121とされるエクスぺリア2017モデルXperia XAの後継機もMWC 2017でリリースすると予定と伝えられる。

■ 2017 Xperia新型モデル:Xperia XV

xperia-2017-03.jpg 

現在既に露出したXperia 2017リーク情報を見ると、2月発表予定のXperia 最新機種G3221をXperia XVという名前で登場、エクスぺリア2017シリーズの最上位モデルとして発表されることが濃厚になる。

外観は基本的にXperia Z5からオムニバランスデザインデザインで大幅な変更はなし、5.5インチのフルHD(1980*1080)液晶ディスプレイを搭載、同次期発売のほかのXperia最新機種と比較して一回り大きなサイズになる。CPUは64bit対応のMediatekのHelio P20で、2.3GHz オクタコア。メモリー4GBで内部ストレージ(ROM)容量が32GBから64GBに引き上げ、カメラ画素数は2300万画素、フロンドが約1600画素となるとまさにハイエンドモデルと言える性能。

■ 2017 Xperia新型モデル:Xperia XA 2

xperia-2017-02.jpg

2016年発売のXperia XAがベゼルレス、細身なデザインで大絶賛を浴びているから、この機種の後継機もMWC 2017で登場する可能性が相当高い。近頃、Xperia XAの後継機とされる画像がTwitterでリークしていて、先代モデルと同じで縦にした際の左右へベゼルが非常に狭い「ぜりベゼルデザイン」を採用し、ミドルレンジ市場のスマホを狙う。

公開された2017 Xperia最新機種により、次期Xperia 2017 XAの本体サイズは、高さ約145 mm×幅約66.8mm×厚さ約7.99mm、現行のモデルより1.5mm高く、0.1mm厚くなる。プロセッサにQualcomm Snapdragon 820GPU、メモリー3GB、Quick Charge 3.0にも対応しているようだ。Xperia XZ、Xperia X Compactに続いて次期Xperia XA2もUSB Type-Cを搭載し、3.5mmイヤホンジャックを残した。

■ 2017 Xperia新型モデル:Xperia XS

xperia-2017-01.jpg 

ソニーモバイルは今年Xperia XV、Xperia XA 新型後継機の以外、Xperia XSという3つの新機を準備するようだ。厚さは4.6mmの超薄型ボディが特徴で、アルミとガラスのサンドイッチデザインを採用し、端末下部にLED搭載バーが光る透明なフローティングプリズムが復活することと言われる。4.6インチ1080P(フルHD)ディスプレイが搭載されて、輝度は高めの 650nitsとなっている。消費電力が全体で5%ダウンできるQualcomm Snapdragon 821 Adreno 530 採用、バッテリー容量 2600mAh、急速充電Quick Charge 3.0にも対応し、 最大出力で24Wとなる様子。

次期Xperia 2017最新機種のカメラについては、Xperia XSが12MPのカメラに1/2.8型Exmor RS裏面照射型CMOSセンサーが付いて、58mm F2.2の広角レンズも備える。

次期Xperia 2017最新スマホXperia XV VS Xperia XS VS Xperia XA 2 スペックを見る>>

次期Xperia 2017最新タブレット:Xperia Tablet 復活!?

■ 2017 Xperia新型モデル:Xperia XZ Tablet

dr-yz-0112-02.png 

ここ最近の噂によると2016年3月で販売終了したエクスぺリアタブレットは2017に新製品ラインナップに次期Xperia XZ Tabletとして復活する。Xperia新型タブレットを待っていたユーザー にとって待望のモデルと言えそうだ。

エクスぺリア2017タブレットのスペックに関するリークがいっぱいだが、Qualcomm Snapdragon 820 クアッドコアプロセッサでType-C USBに対応することが判明した。またストレージ容量もUIも旧型Xperia タブレットに比べて大幅に進化し、性能面の向上で言うと、旧モデルを圧倒的に上回ることも果たしているようだ。

2017 Xperia新型モデルをもっと見る>>

  


Posted by mosquitopax at 11:42Comments(0)Xperia

2017年02月10日

iPhone 8とiPhone 7の違いを比較:アイフォン8性能はどう?iPhone 8とiPhone 7どっちが買い?

iPhone 8とiPhone 7の違い:iPhone 10周年記念モデルアイフォン8を待つべきか?

皆さん、もうiPhone 7は手に入れましたか? 2016年9月16日に日本で発売されたiPhone 7は、iPhoneシリーズ初めて耐水性能の搭載、FeliCaに感圧式ホームボタン、ストレージの追加、そしてイヤホン端子の廃止で更に薄くなったなど、わかりやすく進化していますが、ディスプレイも改善されたポイントの1つで、iPhone 6sと比較するといろいろな違いが出ています。一方、デュアルカメラは"デカイ"7 Plusだけ、イヤホン端子の廃止の不便、そして外観は基本的にiPhone 6sからキープデザインで大幅な変更は無しなどでiPhone 7発売後3日間の販売台数が、iPhone 6sシリーズの42%とかなりの不振で、2017年1月~3月期の生産量が減少すると日本経済新聞が伝えました。

一方、iPhone 10周年(iPhoneが初めて発売されてからちょうど10周年)にあたる記念すべきこの2017年で、アイフォン7sではなくアイフォン8が登場すると言われていますが、iPhone 8はiPhone 7からどのように進化を遂げますか? iPhone 8とiPhone 7どっちを買えばいいのか?アイフォン8はiPhone 7の不振から抜き出すできるか?次はアイフォン8最新情報(アイフォン8性能、 iPhone 8発売日など)をまとめて、iPhone 8とiPhone 7の違いを比較してみます。気になる部分からご覧になってみてください!必ず皆さんが知りたい情報がみつかるはずです!

iPhone 8とiPhone 7の違いを徹底チャックしよう!

元記事はこちらへ>>

iPhone 8とiPhone 7の違いその一:デザイン

★ iPhone 8とiPhone 7比較:iPhone 8画面サイズが大きくなる

画面サイズBarclaysのアナリスト、ブレイン・カーティス氏とクリストファー・ヘメグレン氏の公開したアイフォン8最新情報によると、2017年公開予定の最新iPhone8は、画面縁のベゼルがなくなり全面ディスプレイとなることで、現在のiPhone 7ボディサイズのままで4.7インチから5.0インチに、5.5インチから5.8インチとそれぞれ大画面化になります。iPhone 6から保ってきた4.7インチと5.5インチを大型化にする可能性があります。 

★ iPhone 8とiPhone 7比較:iPhone 8に有機ELディスプレイ搭載

2016年9月Appleが発売した「iPhone 7/7 Plus」のディスプレイについて、ディスプレイテストのDisplayMateはモバイル液晶として過去最高と評価し、 色域が従来より広くなっているため、表現できる色そのものも、よりビビッドで幅広くなっています。そして日本経済新聞社の報道によると、アップルは部品メーカーなどに対し、2017年に発売される新型iPhoneに有機ELディスプレイを搭載すると伝えました。有機ELディスプレイは、液晶に比べて発色がよく、省電力性能に優れるていて、視認性はもちろん応答速度があがることが、また薄型にすることができるなどのメリットがあります。

★ iPhone 8とiPhone 7比較:iPhone 8に機体は金属からガラス製 

iPhone 7は、「iPhone 5」から採用し続けてきた金属製ボディで、全モデル「iPhone 6 / 6s」とほぼ同じな外観を持っています。そのせいか、iPhone 7へ機種変更したい人が少ないです。iPhone 10周年である2017年に登場するiPhone 8に、iPhone 4と同じ、全面ガラスが採用される可能性があります。ワイヤレス充電(充電台に置くだけで充電できる技術)に対応することが理由の1つです。イヤレス充電にすでに対応したスマートフォンの中には、金属製のボディを採用したものもありますが、Appleは金属を使うことで充電速度が落ちてしまうことを避けるため、ワイヤレス充電を妨害しにくいガラスをボディに採用します。 

iPhone 8とiPhone 7の違いその二:カメラ

mt-www-0118-01.jpg

★ iPhone 8とiPhone 7比較:iPhone 8 デュアルカメラも搭載?

前代iPhone 7 Plusでは、デュアルカメラによって光学ズームが可能になりました。iPhone 7 Plusのデュアルカメラの構成は、望遠カメラモジュールと光学式手ブレ補正(OIS)対応の広角カメラモジュールですが、レポートによれば、次期iPhoneのハイエンドモデルのデュアルカメラの構成は、望遠・広角の両カメラモジュールに光学式手ブレ補正を採用します。これにより光学ズームの品質も大きく改善するとしています。2017年に発売されるiPhone 8 Plusはもちろん、iPhone 8もデュアルカメラを搭載する可能性があります。一方、Ming-Chi-Kuo氏のレポートどおりであれば、デュアルカメラは「iPhone8 Plus」だけ搭載するかもしれません。

★ iPhone 8とiPhone 7比較:iPhone 8 3Dカメラを搭載? 

iPhone 7カメラは、前モデルiPhone 6sの12MP iSightカメラと5MP FaceTimeカメラから、12MP iSightカメラと7MP FaceTimeカメラへ進化しました。そしてイメージセンサーが速くなって、データの高速読み出しが可能になるほか、動きの速いものを撮ったときの歪みが少なくなる、超高速連写が可能になりました。レンズも従来のF2.2からF1.8に大幅に進化し、撮影時により多くの光を取り込めるようになり明るくなりました。そして、iPhone 8最新情報によると、Appleは韓国企業のLG Innotek(iPhone 7 Plusにデュアルレンズモジュールを供給)と共同開発している「3D撮影が可能なデュアルカメラモジュール」を2017年発売のiPhone 8へ搭載する可能性があります。3Dカメラはどんな機能を持つのかは今のところ定かではありませんが、たぶん人の目のような働きをするものでしょう。

iPhone 8とiPhone 7の違いその三:プロセッサ 

iPhone7の搭載している「A10 Fusion」チップは、まったく新しい4コア設計を採用し、2つの高性能コアと2つの高効率コアを持っています。高性能コアはiPhone 6の最大2倍の速さで動作し、高効率コアは高性能コアのわずか5分の1の電力で動きます。また、A10 Fusionチップを搭載したので、今年からは次の充電までの時間にこれまで以上の余裕が生まれます。それに対して、iPhone8に採用される「A11 Fusion」チップはさらに微細化が進み省電力化と性能アップが期待できます。ウエハの更なる小型化が可能となる10nm FinFETプロセスで、2017年第2四半期(4~6月)より小規模で量産が開始されるとのことです。 

iPhone 8とiPhone 7の違いその四:ホームボタン

sc-0109-04.jpg

iPhone 7/7 Plusホームボタンは、これまでのiPhoneから大きく変わりました。ホームボタンが物理式ボタンではなく、タッチセンサーをベースとした仕様になりました。物理的には動きませんが、押した際には指に押し込んだ感触を模した振動が伝わって、タッチがわかる仕組みとなっています。iPhone 7/7 Plusの感圧式ホームボタンに違和感を感じる方が多いが、この新機構のホームボタンにより、押し込みによる故障のリスクを減らせることができます。

iPhone8では、全画面ディススプレイを実現するために、iPhoneシリーズのアイコン的存在であるホームボタンを廃止し、ディスプレイに指紋センサーを埋め込むことになります。この技術は、ディスプレイに埋め込まれた静電レンズによって人体から出る静電気を認識し、ユーザーの認証を行うというものです。画面のどこに触れても正確に反応するため、iPhoneの使い勝手が大幅に向上しそうです。  

iPhone 8とiPhone 7の違い一覧:スペックを比較!

mt-www-0118-03.jpg  

iPhone 7 スペック詳細:

・ディスプレイ・サイズ:4.7インチ、 67.1 x 138.3 x 7.1mm(138g)

・カラー:ゴールド、シルバー、ローズゴールド、ブラック、ジェットブラック

・OS:Apple iOS 10

・CPU:Apple A10チップ トリプルコア

・メモリ:3GB LPDDR4メモリ

・ROM:32GB/64GB/128GB

・バッテリ:1960 mAh (一体型)

・カメラ:メインカメラ : 1200万画素  インカメラ : 700万画素

・指紋認証:

・ほか:USB-Type C対応、「IP67」防水 

iPhone 8 スペック詳細: 

・ディスプレイ・サイズ:4.7インチ

・カラー:ゴールド、シルバー、ローズゴールド、ブラック、ジェットブラック

・OS:Apple iOS 11

・CPU:Apple A11チップ トリプルコア

・メモリ:4GB LPDDR4メモリ

・ROM:32GB/64GB/128GB

・バッテリ:未定(iPhone 7より大容量化される)

・カメラ:メインカメラ : 1,600万画素x 2 インカメラ : 700万画素

・指紋認証/防水機能:

・ほか:USB-Type C対応、ホームボタン廃止 

iPhone 8 Plus スペック詳細を見る>>

iPhone 8とiPhone 7比較:発売日 

2016年9月8日(日本時間)発表されたiPhone 7はドコモ・au・ソフトバンクの契約版は、9月9日(金)から予約することができ、SIMフリー版iPhone 7発売日は9月16日となりました。そしてうわさのiPhone 8は2017年9月に登場する可能性があります。次は歴代iPhone発売日を見ましょう。

歴代iPhone発売日:

iPhone 3GS発表日:2009年6月9日-------------- 発売日:2009年6月19日

iPhone 4発表日:2009年6月7日-------------- 発売日:2010年6月24日

iPhone 4s発表日:2011年10月5日-------------- 発売日:2011年10月14日 

iPhone 5発表日:2012年9月12日-------------- 発売日:2012年9月21日

iPhone 5s/5c発表日:2013年9月10日-------------- 発売日:2013年9月20日

iPhone 6/6 Plus発表日:2014年9月9日-------------- 発売日:2014年9月19日

iPhone 6s/6s Plus発表日:2015年9月9日-------------- 発売日:2015年9月25日

iPhone SE発表日:2016年3月21日-------------- 発売日:2016年3月31日

iPhone 7/7 Plus発表日:2016年9月8日-------------- 発売日:9月16日 

iPhone 8とiPhone 7比較:価格

iPhone 7価格/iPhone 7 Plus価格

32GB:72,800円(税別)/85,800円(税別)

128GB:83,800円(税別)/96,800円(税別)

256GB 94,800円(税別)/107,800円(税別) 

iPhone 8価格はまだ公開されていないが、iPhone 7と同じくらいの価格設定にする可能性が高いです。アイフォン8最新情報を見逃さないように、こちらからチェックしてください>>

  


Posted by mosquitopax at 17:10Comments(0)AppleiPhone