2017年09月15日

iPhone 8・8 Plus・iPhone X 発売!iPhone 8とiPhone 7の違いを比較してみよう

iphone8-www-01.jpg

Apple(アップル)が9月12日(日本時間13日午前2時)に、新製品発表イベントを開催し、正式に4.7インチの「iPhone 8」、5.5インチの「iPhone 8 Plus」を発表した。そしてiPhone 10周年(iPhoneが初めて発売されてからちょうど10周年)にあたる記念すべきこの2017年で、iPhone発売10周年記念モデルとなる5.8インチの「iPhone X」も登場した! iPhone 8とiPhone 7どっちを買えばいいのか?アイフォン8はiPhone 7の不振から抜き出すできるか?iPhone Xはどこが特別なのか?次はアイフォン8最新情報(アイフォン8性能、 iPhone 8発売日など)をまとめて、iPhone 8とiPhone 7の違いを比較してみます。気になる部分からご覧になってみてください!必ず皆さんが知りたい情報がみつかるはずです! 

前記事はこちらへ>>

iPhone 8/8 Plus/Xの発売日、値段をチェック>>

iPhone 8とiPhone 7の違いを徹底チェック! 

その一:デザイン  

★iPhone 8とiPhone 7比較: 画面サイズ

iPhone 8とiPhone 8 Plusの大サイズは、現在のiPhone 7ボディサイズのままで4.7インチから5.0インチに、5.5インチから5.8インチとそれぞれ大画面化になるうわさもありましたが、iPhone 8最新情報から見ると、iPhone 8とiPhone 8 PlusはiPhone 7と似たラウンド形状、iPhone 7などと同じく、4.7インチと5.5インチの2モデルがラインナップされる。大きさは若干変わっていて、iPhone 8は138.4×67.3×7.3mmで重さ148gで、iPhone 8 Plusは158.4×78.1×7.5mmで重さ202gです。iPhone 7とiPhone 8を比べると、幅と厚みが0.2mm、長さが0.1mm大きくなり、10g重たくなり、iPhone 7 PlusとiPhone 8 Plusを比べると、各寸法が0.2mmずつ大きくなり、14g重たくなりました。

最上位のiPhone Xは5.8インチで、新しいデザインを採用している。

★ iPhone 8とiPhone 7比較:iPhone 8に有機ELディスプレイ搭載

2016年9月Appleが発売した「iPhone 7/7 Plus」のディスプレイについて、ディスプレイテストのDisplayMateはモバイル液晶として過去最高と評価し、 色域が従来より広くなっているため、表現できる色そのものも、よりビビッドで幅広くなっています。そしてiPhone 8ディスプレイは4.7インチ(1334×750ピクセル)と5.5インチ(1920×1080)で、解像度やアスペクト比はiPhone 7と同じです。iPad Proで採用されている広い色域に対応した「True Toneディスプレイ」をiPhoneとしては初めて採用しました。True Toneと広色域を持ち、3D Touchに対応するRetina HDディスプレイ。かつてないほど 美しくなりましたiPhone 8は、どんな環境でも、あなたの目により優れた体験を提供します。

★ iPhone 8とiPhone 7比較:iPhone 8に機体は金属からガラス製

iPhone 7は、「iPhone 5」から採用し続けてきた金属製ボディで、全モデル「iPhone 6 / 6s」とほぼ同じな外観を持っています。そのせいか、iPhone 7へ機種変更したい人が少ないです。iPhone 10周年である2017年に登場するiPhone 8に、iPhone 4と同じ、iPhone 7が側面・背面がつながった金属ケースであるのに対し、iPhone 8では背面がガラス、側面がアルミ合金となっています。背面がガラスで側面が金属のデザイン構成は、iPhone 4/4sでも採用されていました。背面がガラスになったことで、非接触充電(Qi規格準拠)にも対応できるようになります。前面と背面にはより強化されたカスタムガラスが採用されています。

iPhone Xは、iPhone 8とiPhone 8 Plusと違って、前も後もガラス面を搭載しています。Appleによると、このガラスには強度を増すための層を入れているため、「スマホの中でも最も耐久性がある」と説明しています。 

その二:カメラ

iphone8-www-03.jpg 

前代iPhone 7 Plusでは、デュアルカメラによって光学ズームが可能になりました。iPhone 7 Plusのデュアルカメラの構成は、望遠カメラモジュールと光学式手ブレ補正(OIS)対応の広角カメラモジュールですが、レポートによれば、次期iPhoneのハイエンドモデルのデュアルカメラの構成は、望遠・広角の両カメラモジュールに光学式手ブレ補正を採用します。これにより光学ズームの品質も大きく改善するとしています。2017年に発売されるiPhone 8の背面カメラは1200万画素のシングルレンズで、センサーや処理機能を一新し、より軽量に、そしてより電力パフォーマンスが向上が図られています。iPhone 8 Plusでは、背面カメラに1200万画素のデュアルレンズを採用し、f/1.8の広角レンズとf/2.8の望遠レンズが搭載されています。これにより静止画撮影においては最大10倍、動画撮影においても最大6倍の光学ズームに対応する運びとなりました。カメラ自体のスペックはiPhone 7から大きな変更が行われていませんが、画像処理関係が大きく改善されて、被写体の深度をより正確に捉え、美しく撮影できるようになりました。

また、ビデオ撮影機能も大幅に強化されており、4K画質で60fpsの撮影が、1080pの画質では最大240fpsの撮影が行えるようになりました。これは従来モデルの4倍ものフレームレートとなっており、スローモーション映像の撮影はより強化されたと言えます。

その三:プロセッサ

iPhone7の搭載している「A10 Fusion」チップは、まったく新しい4コア設計を採用し、2つの高性能コアと2つの高効率コアを持っています。高性能コアはiPhone 6の最大2倍の速さで動作し、高効率コアは高性能コアのわずか5分の1の電力で動きます。また、A10 Fusionチップを搭載したので、今年からは次の充電までの時間にこれまで以上の余裕が生まれます。それに対して、iPhone 8では「A11 Bionic」と言うチップを搭載。iPhone 7のA10チップに比べてコア数が4から6に増えた。速度はA10に比べて70%高速、GPUは30%の高速となった。 

その四:ワイヤレス充電に対応

iphone8-www-02.jpg

ここ数年で市場に出てきた「ワイヤレス充電」対応の機種は多くなりました。その中では、Galaxyは代表的な機種としてとても人気な機種となりました。充電パッドにスマホを置くことだけで充電でき、ペアリング設定などスマホを操作する手間さえ必要なし、接続コネクタが存在しないので、たとえば水濡れ充電による感電や、充電ケーブルの抜き差しによるコネクタ部の破損といった心配がなくなります。前代のiPhone 7より期待されていたワイヤレス充電は、今回iPhone X、iPhone8、iPhone8 Plus三機種に全部搭載し、規格はQi(チー)で、スタンダード、充電器の上に置いただけで充電開始し、とても便利です。もちろん、全モデルにLightningコネクタがあるので、有線充電もできます。

ただし、iPhone X、iPhone8、iPhone8 Plusのワイヤレス充電を行うには別売りのアクセサリ"mophie wireless charging base"(6980円[税別])が必要となります。

その五:色

iPhone7は前モデルiPhone6sと同じ、ゴールド、シルバー、ローズゴールド、ブラック、ジェットブラックの四色。一方、iPhone 8最新情報によると、iPhone 8では、「Blush Gold(ブラッシュゴールド)」と呼ばれる新色が追加される予定で、64GBと128GBの2ラインナップである。そして発表したiPhone 8/8 Plusのカラーは、バリエーションはゴールド、シルバー、スペースグレイの3色に減って、iPhone Xはシルバー・スペースグレイの2色です。iPhone 7にあったジェットブラック・ローズゴールドは引き継がれませんでした。 

iPhone 8と7詳細スペック(性能)比較>>

iPhone 8とiPhone 7の違い:iPhone 8発売日と価格は?

iPhone 8とiPhone 7比較:発売日 

★iPhone 8/8 Plus
予約開始:2017年9月15日(金)午後4時01分
発売日:2017年9月22日(金)

★iPhone X
予約開始:2017年10月27日(金)午後4時01分

発売日:2017年11月3日(金) 

iPhone 8とiPhone 7比較:価格 

iPhone 7価格/iPhone 7 Plus価格
32GB:72,800円(税別)/85,800円(税別) 
128GB:83,800円(税別)/96,800円(税別)
256GB 94,800円(税別)/107,800円(税別)

iPhone 8価格/iPhone 8 Plus価格
64GB:78,800円(税別)/89,800円(税別) 
256GB:95,800円(税別)/106,800円(税別)

iPhone X価格
64GB:11,2800円(税別) 

iPhone 8価格はiPhone 7より少し高くなった。 

ドコモ iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone Xを予約>> 

au iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone Xを予約>> 

softbank iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone Xを予約>>  

  


Posted by mosquitopax at 17:18Comments(0)AppleiPhone

2017年09月13日

ドコモ iPhone 8 予約:ドコモオンラインショップでiPhone8/8 PlusやiPhone Xを購入

★iPhone 8/8 Plus
予約開始:2017年9月15日(金)午後4時01分
発売日:2017年9月22日(金)

★iPhone X
予約開始:2017年10月27日(金)午後4時01分
発売日:2017年11月3日(金)

Apple(アップル)が9月12日(日本時間13日午前2時)に、新製品発表イベントを開催する。一番注目なのは、かねてから噂されていた次期iPhoneの最上位モデルーー「iPhone 8」がいよいよ発表されること。iPhone 8のほかに、iPhone 8 Plus、そして10周年モデルiPhone Xも2017年の新型iPhoneとして登場する。

店舗(大型店やアップルストア)に長時間並んでiPhoneを購入するより、最近はその状況が変わってきて、待ち時間はないし、24時間いつでも申込み可能なので、オンラインラインショップで予約する人が急増している。iPhoneは例年、予約開始時間からアクセスが集中して予約が難しい状況になってしまった。特に今回大幅なデザイン刷新や新機能などを搭載している、しかもアップルiPhoneシリーズ命名の規律を変え、iPhone 7sを乗り越えたので、iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone Xの予約がもっと厳しい状況になる間違いない。現時点では、ドコモ iPhone8/X 発売日は、2017年9月15日(金)午後4時1分と予想されている。つまり、2017年9月15日、Apple公式サイトとともに、ソフトバンク・au・ドコモの各キャリアのショップの3キャリア版iPhone 8をそれぞれ購入することもできる。だから、今回は、ドコモ iPhone 8 予約の方法については、詳しく説明してみる。ドコモオンラインショップでiPhone8やiPhone X予約したいならぜひ本文をチェックしてください。

全記事はこちらへ>> 

iPhone 8へ機種変更前の準備すべきことを見る>>

ドコモ iPhone 8 予約~ドコモオンラインショップでアイフォン8を買う手順 

ドコモ iPhone 8 予約~機種変更

今はiPhone 6/6 Plus/7/7 Plusを使っているが、iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone Xへ機種変更したいのか?。単純に機種変更するなら非常に簡単で、次はその手順をチェックしてみよう。

docomo-iphone8-01.jpg 

ステップ1:機種選択 

ドコモ公式サイト(iPhoneの申し込みページ)にアクセスして、予約したいモデル(iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone X)、容量をタップすると、カラーを選択するページへ進む。カラーを選んだら、「ご希望のご購入手続きを選択してください」下の「機種変更」をタップしてください。

ステップ2:dアカウントにログイン

機種やカラー、容量などを選択した後、「dアカウント」にログインする必要がある。dアカウントを取得している場合はIDとパスワードを入力して「ログイン」をタップ、dアカウントを取得していない場合は「dアカウントを発行する」をタップして取得してください。

ステップ3:申し込み内容を確認

「dアカウント」にログインしたら、申し込み内容の確認画面が表示される。入力内容に誤りがないか確認したら「登録する」をタップしてください。予約申込が完了のページが表示されたら、iPhone8/Xをドコモで予約することが完了。ちなみに、予約申込が完了ページの「予約番号」は、申し込んだ情報の確認や修正、また予約のキャンセルを行う際に必要となるから、覚えたほうがいい。

ステップ4:申し込みが完了

ドコモから予約の受付完了メールが届き、案内にしたがい、購入方法やプランなどの選択や必要事項を入力し、申し込みが完了。そして「お申し込み受付完了」メールが届き、受付日時と受付番号を手元に保管し、端末が届くまで待だけでいい。申し込みしてから、最短で2日程度で商品が配送される。

ドコモ iPhone 8 予約~新規(追加)契約・MNPの場合

docomo-iphone8-02.jpg 

ステップ1:機種を選択

ドコモ公式サイト(iPhoneの申し込みページ)にアクセスして、予約したいモデル(iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone X)、容量をタップすると、カラーを選択するページへ進む。カラーを選んだら、予約手続きに進む。

ステップ2:dアカウントにログイン

「予約する」をタップした後、「dアカウント」にログインする必要がある。dアカウントを取得している場合はIDとパスワードを入力して「ログイン」をタップ、dアカウントを取得していない場合は「dアカウントを発行する」をタップして取得してください。

ステップ3:購入手続きを選択

新規契約の場合は、「新規(追加)申し込み」を選択(MNPの場合は「他社からののりかえ(MNP)」を選択)し、名前(フリガナ)、連絡先、連絡用メールアドレスを入力する。連絡用メールアドレスはdアカウントに登録しているメールアドレスか、別のメールアドレスを指定することもできる。入力が完了したら「確認する」を押してください。

ステップ4:申し込み内容を確認

申し込み内容の確認画面が表示されると、入力した内容を確認したあと、「登録する」をタップしてください。予約申込が完了のページが表示されたら、iPhone8/Xをドコモで予約することが完了。

ステップ5:申し込みが完了

上記の手続きが終わったら、端末が確保された段階へ進み、本申し込みの手続きを依頼するメールが届く。案内にしたがい、購入方法やプランなどの選択や必要事項を入力し、本申し込みが完了。
ご注意: のりかえ(MNP)での場合は、現在契約中のキャリアでMNPの予約申し込みを行い、「MNP予約番号」を受け取る必要がある。MNP予約番号は電話またはウェブでの発行が可能で、契約申し込みの際は、MNP予約番号の有効期限が10日以上ある状態で申し込んでください。

ステップ6:申し込みが完了

上記の手続きが終わったら、端末が確保された段階へ進み、本申し込みの手続きを依頼するメールが届く。案内にしたがい、購入方法やプランなどの選択や必要事項を入力し、本申し込みが完了。
ご注意: 
①、のりかえ(MNP)での場合は、現在契約中のキャリアでMNPの予約申し込みを行い、「MNP予約番号」を受け取る必要がある。MNP予約番号は電話またはウェブでの発行が可能で、契約申し込みの際は、MNP予約番号の有効期限が10日以上ある状態で申し込んでください。
②、本申し込み手続きで、本人確認書類を送付する必要がある。アップロードで送付する方法をおすすめ。

ステップ7:ドコモ iPhone 8 予約完了

申し込みが完了したら、「お申し込み受付完了」メールが届き、受付日時と受付番号を手元に保管し、審査が通るまで待つだけでいい。 

続きを読む>> 

  


Posted by mosquitopax at 17:23Comments(0)AppleiPhone

2017年09月05日

頂上対決!iPhone8とGalaxy Note8どっちがいい?違いを徹底比較、機種変更に失敗しない!

2017年に最強のスマホアイフォン8とギャラクシーノート8が発売されます。だが機種変更の場合、それぞれの魅力がありますので、iPhone8とGalaxy Note8どっちにしようか悩んでいる人は多いでしょう。ですので、そのような悩みを持っている人のために、iPhone8とGalaxy Note8の違いを比較してみました。この二つのスマホのスペックや機能などを比較します。iPhone8にするのか?Galaxy Note8にするのか?iPhone8とGalaxy Note8の違いを確認したら決めたほうがいいです。

元記事を読む>> 

iPhone8 Galaxy Note8比較:デザイン・カラー

まず、多くの人が重要視するデザイン・カラーの違いから比較します。スマホを選ぶときは、重要なポイントの一つはデザインでしょう。まず、アイフォン8とギャラクシーノート8のデザインの特徴をチェックしましょう。 

iPhone8デザインの特徴: 

sc-0830-02.jpg 

今年のiPhoneは、発売10周年ということで、今までのデザインから大幅に変わるかもしれません。昨年のiPhone 7 / 7 Plusでは、イヤホンジャックの廃止、ホームボタンの物理式から感圧式への変更が行われました。今年のiPhone8は、ホームボタンが廃止され、液晶画面の中に埋め込まれるという情報があります。Touch ID(指紋認証)、FaceTimeカメラ(インカメラ)はディスプレイに内蔵する可能。または、ディスプレイ四方のベゼルの厚みは4mmで、側面にはディスプレイがないデザインとなっています。

Galaxy Note8デザインの特徴:

sc-0830-03.jpg 

デザインはGalaxy S8、S8+が四隅を丸くしたラウンド形状になっているのに対し、Galaxy Note8はよりスクエアな印象を与える仕上がりです。Noteシリーズはもともと紙のノートをモチーフにしていたが、Galaxy Note8でも、それを思わせるデザインに仕上がっています。背面にはガラス素材を採用します。一方、ディスプレイは、6.3型、WQHD(1440×2560ピクセル)の有機ELです。Galaxy S8、S8+と同じ、18.5:9のInfinity Displayとなり、左右が湾曲しています。このカーブともともとのベゼルの細さが相まって、左右にはあたかもフレームがないように見えます。Galaxyシリーズの特徴として搭載されてきたホームボタンもなくなり、上下のベゼルも細くなっています。

iPhone8のカラーバリエーションは、

ピンク、シルバー、ローズゴールド、ホワイト、ガンメタルブラック5色があります。

Galaxy Note8のカラーバリエーションは、

ミッドナイトブラック、ディープシーブルー、メープルゴールド、オーキッドグレー4色があります。 

iPhone8 Galaxy Note8比較:カメラ性能

sc-0830-04.jpg 

よく使う機能は人ぞれそれですが、カメラを全く使わないという人は少ないのではないでしょうか。カメラの性能について、iPhone8とGalaxy Note8の違いが気になりますよね。

iPhone7 Plusに搭載されたデュアルカメラでは、技術的な問題から広角レンズにしか光学手ブレ補正(OIS)機能が備わっていませんでしたが、iPhone8からは、ズームで動画を撮影しても通常モードと同様に、手ブレを抑えることが可能となります。iPhone8では、内側カメラはフロントカメラモジュール、赤外線送信モジュール、赤外線受信モジュールの3つのモジュールで構成され、これにより対象の位置や「深さ」を立体的に把握できるようになるとのことです。これによりかねてから噂されていた「顔認証」や「虹彩認証」も十分可能になるだけでなく、一部のアプリに採用されている「AR」や「VR」にも対応可能になります。

Galaxy Note8の背面は、デュアルカメラになっていることが特徴です。デュアルカメラの採用は、ギャラクシーシリーズ初です。Galaxy Note8に搭載されたデュアルカメラは、片方が12メガピクセルでF1.7、もう1つが12メガピクセルでF2.4の望遠カメラになって、それぞれに独立した光学手ブレ補正機構が搭載されます。これにより、非常に高いレベルの手ぶれ補正を実現します。F値1.7のレンズで、夜景も美しく撮影することができます。または、2つのカメラの視差を生かした「Live Focus」にも対応します。背景をボカした撮影ができ、撮影後にギャラリーからボケの度合いを変更できます。または4K動画も撮影可能です。だが、指紋認証はカメラの横に配置されています。少し指がズレると、レンズを汚してしまいそうで少し気になりますね。 

iPhone8 Galaxy Note8比較:バッテリー持ち

sc-0830-05.jpg 

スマホを使用する上で、とても重要なのがバッテリーでしょう。アイフォン8とギャラクシーノート8は高機能になっていますが、バッテリーの持ちはどうなのでしょうか?

iPhone8に採用されるプロセッサは「A11 Fusion」チップはiPhone7よりさらに微細化が進み省電力化と性能アップします。または、iPhone8は、バッテリー消費量の少ない有機EL(OLED)ディスプレイの採用が見込まれており、バッテリー容量の拡大との相乗効果で、従来型液晶ディスプレイモデルよりも持続時間が約50%向上する効果が見込まれると報じます。

昨年のGalaxy Note7は発売直後に内蔵バッテリーの不具合による発火事故を起こしてしまい、全世界でリコールをすることになってしまいました。今回のGalaxy Note8バッテリーはLG製のバッテリーを採用する模様です。だが、Galaxy S8+と比べてディスプレイサイズは0.1インチ大きくなっていますが、Galaxy Note8バッテリー容量がGalaxy S8+の3500mAhから3300mAhに減量されています。これは、安全性のためにも仕方ないかもしれません。SamsungはGalaxy Note 8でも1日中使えるバッテリー容量を謳っています。 

iPhone8 Galaxy Note8比較:耐水・防塵性能

sc-0830-06.jpg 

防塵等級は6段階中、防水等級は8段階あります。「iPhone 8」は「iPhone7」より防水性能がさらに強化され、最高等級となるIP68等級適合の防水防塵規格モデルとなれば、防塵等級で最高となる「粉塵が内部に侵入しない」、防水等級が最上位の「製造者によって規定される条件に従って、連続的に水中におかれる場合に適する。原則として完全密閉構造である」となり、水深1.5メートルに30分間浸しても問題ないレベルとなります。Galaxy Note8の防塵防水性能はiPhone 8と同じ、IP68となっています。

または、AppleとSamsungは、防水テープを使って防水防塵を実現しています。テープ方式は、接着剤で密封するよりも修理が容易になるメリットがあります。その一方で、テープの経年劣化により防水性能は時間が経つと低下していくことには注意が必要です。 

iPhone8とGalaxy Note8の違い: 販売価格

sc-0830-07.png 

それでは気になるアイフォン8とギャラクシーノート8の販売価格はどうなっているでしょうか。自分の予算に合っていますか?ここからは、販売価格について、iPhone8 Galaxy Note8比較してみます。

2017年iPhone8の発表日は9月6日に、発売日は9月15日になる可能性が高いです。iPhone発売10周年と記念するiPhone8の価格はきっと安くないです。
64GBモデルでも10万円以上  256GBが約14万3,000円以上   512GBモデル(約15万4,000円と予想されています。

そして、ギャラクシーノート8の発表は、2017年8月26日です。Galaxy Note8日本発売日は、12月頃と予想されています。日本でのGalaxy Note8販売価格はまだ発表されていませんが、10万円を超えてくるかもしれません。または、サムスンがSIMロックフリー端末を販売する計画はないようなので、SIMフリーモデルが欲しい人は、海外版を購入するしかなさそうです。 

続きを読む>>

  


Posted by mosquitopax at 12:38Comments(0)人気スマホiPhoneGalaxy