2017年09月05日

頂上対決!iPhone8とGalaxy Note8どっちがいい?違いを徹底比較、機種変更に失敗しない!

2017年に最強のスマホアイフォン8とギャラクシーノート8が発売されます。だが機種変更の場合、それぞれの魅力がありますので、iPhone8とGalaxy Note8どっちにしようか悩んでいる人は多いでしょう。ですので、そのような悩みを持っている人のために、iPhone8とGalaxy Note8の違いを比較してみました。この二つのスマホのスペックや機能などを比較します。iPhone8にするのか?Galaxy Note8にするのか?iPhone8とGalaxy Note8の違いを確認したら決めたほうがいいです。

元記事を読む>> 

iPhone8 Galaxy Note8比較:デザイン・カラー

まず、多くの人が重要視するデザイン・カラーの違いから比較します。スマホを選ぶときは、重要なポイントの一つはデザインでしょう。まず、アイフォン8とギャラクシーノート8のデザインの特徴をチェックしましょう。 

iPhone8デザインの特徴: 

sc-0830-02.jpg 

今年のiPhoneは、発売10周年ということで、今までのデザインから大幅に変わるかもしれません。昨年のiPhone 7 / 7 Plusでは、イヤホンジャックの廃止、ホームボタンの物理式から感圧式への変更が行われました。今年のiPhone8は、ホームボタンが廃止され、液晶画面の中に埋め込まれるという情報があります。Touch ID(指紋認証)、FaceTimeカメラ(インカメラ)はディスプレイに内蔵する可能。または、ディスプレイ四方のベゼルの厚みは4mmで、側面にはディスプレイがないデザインとなっています。

Galaxy Note8デザインの特徴:

sc-0830-03.jpg 

デザインはGalaxy S8、S8+が四隅を丸くしたラウンド形状になっているのに対し、Galaxy Note8はよりスクエアな印象を与える仕上がりです。Noteシリーズはもともと紙のノートをモチーフにしていたが、Galaxy Note8でも、それを思わせるデザインに仕上がっています。背面にはガラス素材を採用します。一方、ディスプレイは、6.3型、WQHD(1440×2560ピクセル)の有機ELです。Galaxy S8、S8+と同じ、18.5:9のInfinity Displayとなり、左右が湾曲しています。このカーブともともとのベゼルの細さが相まって、左右にはあたかもフレームがないように見えます。Galaxyシリーズの特徴として搭載されてきたホームボタンもなくなり、上下のベゼルも細くなっています。

iPhone8のカラーバリエーションは、

ピンク、シルバー、ローズゴールド、ホワイト、ガンメタルブラック5色があります。

Galaxy Note8のカラーバリエーションは、

ミッドナイトブラック、ディープシーブルー、メープルゴールド、オーキッドグレー4色があります。 

iPhone8 Galaxy Note8比較:カメラ性能

sc-0830-04.jpg 

よく使う機能は人ぞれそれですが、カメラを全く使わないという人は少ないのではないでしょうか。カメラの性能について、iPhone8とGalaxy Note8の違いが気になりますよね。

iPhone7 Plusに搭載されたデュアルカメラでは、技術的な問題から広角レンズにしか光学手ブレ補正(OIS)機能が備わっていませんでしたが、iPhone8からは、ズームで動画を撮影しても通常モードと同様に、手ブレを抑えることが可能となります。iPhone8では、内側カメラはフロントカメラモジュール、赤外線送信モジュール、赤外線受信モジュールの3つのモジュールで構成され、これにより対象の位置や「深さ」を立体的に把握できるようになるとのことです。これによりかねてから噂されていた「顔認証」や「虹彩認証」も十分可能になるだけでなく、一部のアプリに採用されている「AR」や「VR」にも対応可能になります。

Galaxy Note8の背面は、デュアルカメラになっていることが特徴です。デュアルカメラの採用は、ギャラクシーシリーズ初です。Galaxy Note8に搭載されたデュアルカメラは、片方が12メガピクセルでF1.7、もう1つが12メガピクセルでF2.4の望遠カメラになって、それぞれに独立した光学手ブレ補正機構が搭載されます。これにより、非常に高いレベルの手ぶれ補正を実現します。F値1.7のレンズで、夜景も美しく撮影することができます。または、2つのカメラの視差を生かした「Live Focus」にも対応します。背景をボカした撮影ができ、撮影後にギャラリーからボケの度合いを変更できます。または4K動画も撮影可能です。だが、指紋認証はカメラの横に配置されています。少し指がズレると、レンズを汚してしまいそうで少し気になりますね。 

iPhone8 Galaxy Note8比較:バッテリー持ち

sc-0830-05.jpg 

スマホを使用する上で、とても重要なのがバッテリーでしょう。アイフォン8とギャラクシーノート8は高機能になっていますが、バッテリーの持ちはどうなのでしょうか?

iPhone8に採用されるプロセッサは「A11 Fusion」チップはiPhone7よりさらに微細化が進み省電力化と性能アップします。または、iPhone8は、バッテリー消費量の少ない有機EL(OLED)ディスプレイの採用が見込まれており、バッテリー容量の拡大との相乗効果で、従来型液晶ディスプレイモデルよりも持続時間が約50%向上する効果が見込まれると報じます。

昨年のGalaxy Note7は発売直後に内蔵バッテリーの不具合による発火事故を起こしてしまい、全世界でリコールをすることになってしまいました。今回のGalaxy Note8バッテリーはLG製のバッテリーを採用する模様です。だが、Galaxy S8+と比べてディスプレイサイズは0.1インチ大きくなっていますが、Galaxy Note8バッテリー容量がGalaxy S8+の3500mAhから3300mAhに減量されています。これは、安全性のためにも仕方ないかもしれません。SamsungはGalaxy Note 8でも1日中使えるバッテリー容量を謳っています。 

iPhone8 Galaxy Note8比較:耐水・防塵性能

sc-0830-06.jpg 

防塵等級は6段階中、防水等級は8段階あります。「iPhone 8」は「iPhone7」より防水性能がさらに強化され、最高等級となるIP68等級適合の防水防塵規格モデルとなれば、防塵等級で最高となる「粉塵が内部に侵入しない」、防水等級が最上位の「製造者によって規定される条件に従って、連続的に水中におかれる場合に適する。原則として完全密閉構造である」となり、水深1.5メートルに30分間浸しても問題ないレベルとなります。Galaxy Note8の防塵防水性能はiPhone 8と同じ、IP68となっています。

または、AppleとSamsungは、防水テープを使って防水防塵を実現しています。テープ方式は、接着剤で密封するよりも修理が容易になるメリットがあります。その一方で、テープの経年劣化により防水性能は時間が経つと低下していくことには注意が必要です。 

iPhone8とGalaxy Note8の違い: 販売価格

sc-0830-07.png 

それでは気になるアイフォン8とギャラクシーノート8の販売価格はどうなっているでしょうか。自分の予算に合っていますか?ここからは、販売価格について、iPhone8 Galaxy Note8比較してみます。

2017年iPhone8の発表日は9月6日に、発売日は9月15日になる可能性が高いです。iPhone発売10周年と記念するiPhone8の価格はきっと安くないです。
64GBモデルでも10万円以上  256GBが約14万3,000円以上   512GBモデル(約15万4,000円と予想されています。

そして、ギャラクシーノート8の発表は、2017年8月26日です。Galaxy Note8日本発売日は、12月頃と予想されています。日本でのGalaxy Note8販売価格はまだ発表されていませんが、10万円を超えてくるかもしれません。または、サムスンがSIMロックフリー端末を販売する計画はないようなので、SIMフリーモデルが欲しい人は、海外版を購入するしかなさそうです。 

続きを読む>>




同じカテゴリー(iPhone)の記事
 iPhone 8・8 Plus・iPhone X 発売!iPhone 8とiPhone 7の違いを比較してみよう (2017-09-15 17:18)
 ドコモ iPhone 8 予約:ドコモオンラインショップでiPhone8/8 PlusやiPhone Xを購入 (2017-09-13 17:23)
 WinX MediaTrans体験版制限の事項と解除方法 (2017-04-21 18:57)
 iPhone 8とiPhone 7の違いを比較:アイフォン8性能はどう?iPhone 8とiPhone 7どっちが買い? (2017-02-10 17:10)
 iTunesを使わずにパソコン動画をiPhone 8に入れる方法と手順をご紹介! (2017-01-24 13:28)
 iBackupBot使い方完全マニュアル|iBackupBot復元できない、エラーが出るときの対処法もご紹介! (2016-12-06 15:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。